« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月14日 (水)

ダミングウェイ

2020製陶所に新人が仲間入り!

その名は、ダミングウェイ!

ちなみにファーストネームはアーネストです。

早速、ダミングウェイより品川てづくり市のお礼を。

Damingway

何が何だか分からないと思うので少し説明を。

アーネスト・ダミングウェイは2020製陶所のくだらない会話、そして落書きから生まれた公式キャラクター。濃(だ)み筆の名手です。

濃み筆についても少し説明しておきましょう。濃(だ)みとは広い面積を絵付けすることで(肥前地区の言葉かもしれません)、普通の筆よりも数倍太い濃み筆はその時に使われます。ダミングウェイの頭はまるでその濃み筆(↓写真)。上が線書きの筆です。

Dami

肌はこんがり素焼き色。服は青系しか着たがらない。そんなダミングウェイ、これからも時々登場しますので、どうぞ温かい目で見守ってやってください。

|

2010年4月 9日 (金)

たのしい川べ

Sakura

今年の桜、都心ではもうすっかり葉桜になっていますが、私たちの住む飯能は、今まさに満開の時を迎えています。日々寒い寒いとは思っていたけど開花時期もやはりずれるんですね。

昨日は、久々のすっきりとした晴れ模様だったので、午後に集中して仕事を進めることにしよう!と決めて、二人で飯能河原にお花見に行ってきました。

Shidare 思っているよりも白くて弾けるようなお花を愛でながら、川の音と桜の香りに包まれて、やっぱり外で食べるおにぎりはおいしいなあ。

鶯の鳴き真似対決をして、春の野草談義をして、桜茶も飲んで、気持ちまで桜色になりました。(今回のタイトルは、イギリスの面白い児童文学より拝借しました。)

さてさて、日曜日は「品川てづくり市」 に出展します!

4月11日(日) 9~16時 《雨天中止》

品川神社にて アクセスはこちら

天気予報をチェックしたら、20度を上回るおでかけ日和になりそう!とのことでしたよ。ぜひお越しくださいね。

(2020製陶所 大塚佳恵)

|

2010年4月 5日 (月)

陶工>陶芸家

新宿伊勢丹に、有田の作家、照井壮さんの個展を見に行きました。実は有田時代、壮さんのところには約2年間、スタッフとしてお世話になっていました。壮さんをはじめとする有田の作家さんたちの後ろ姿を追う形で焼きものを始めたわけですが、実際に先輩たちの作品を目の当たりにすると、追いつくどころか離されていっているような気がしてなりません。でもそれは経験が浅いからしょうがないんだと自分に言い聞かせ、焦る気持ちを抑えながら日々やっております。

もちろん個展、良かったです。有田の作家さんの作品には、陶芸家というよりも陶工の雰囲気が出ていると僕は勝手に思っています。それはもしかしたら有田の歴史的風土や材料、焼き方がそう思わせるのかもしれません。誤解のないように言っておきますが、これは誉め言葉です。僕もどちらかというと、陶芸家よりも陶工に憧れています。

2020bag 写真は今日、無印良品でもらったエコバッグ。スタンプを押してもよかったので、迷わず

「2020」

と押してきました。

(2020製陶所 原村俊之)

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »