« さよなら歌舞伎座 | トップページ | Lucie Rie »

2010年5月14日 (金)

バラ色にしよう人生

La_vie_en_rose

今、バラに魅了されています。

そもそものきっかけは、友達がバラの苗をプレゼントしてくれたこと。これまで、バラはきれいだけど私にはロマンティックすぎる気がしていたのですが…

5月が一番きれいに咲きそろう時、との友達の言葉に導かれてバラ園に行ってみたら、すっかり引き込まれてしまいました。一口にバラと言っても形や色の個性はもちろん、香りも、フルーツの香りや紅茶の香りなどそれぞれ特徴があるんですね。

私に焼きものの絵付けを指導してくれた先生は二人います。

そのうちの一人の先生は「デザインを考えるよりも、まず外にデッサンに行きなさい。」と、

もう一人の先生は「花の色の深さ、グラデーションの美しさから色の出し方を学びなさい。」と教えてくれたことをバラを見ているうちに思い出しました。

そうそう、昔、大好きなフランスの映画監督に映画祭で会った時、サインをお願いしたら La vie en rose と書いてほほ笑んでくれました。バラ色の人生。その時は、なんだか妙に照れくさかったのですが、頭に焼きついています。

Rose 友達が選んでくれた私のバラは淡いアプリコットカラーでシャクヤクのような形に開くもの。日に日にふくらんできた花の香りを胸一杯吸い込むと、なにかに突っ張る自分がほぐれていくような気がします。

絵付けに柔らかさがでるといいな。

(2020製陶所 大塚佳恵)

|

« さよなら歌舞伎座 | トップページ | Lucie Rie »

エツケニストの日記」カテゴリの記事