« 2020ストラップ | トップページ | 寄り道話 京都の巻 »

2010年11月27日 (土)

寄り道話 有松の巻

静岡での出展の後、いくつか寄り道をして帰ってきました。

Arimatsu

名古屋の有松は絞り染めの街。僕も浴衣を愛用していますが、とても素晴らしいものです。今回は豆絞りの手ぬぐいを購入。最近は豆絞りといっても型染めのものが多いらしいのですが、有松のは本物の絞り。藍の滲み具合や糸の痕跡なんかがたまりません。粋に使いこなしたいものです。

Mameshibo

こんなに素晴らしい伝統技術ですが、やっているのはおばあちゃんばかり。いずれはなくなってしまうんじゃないかなあなんて心配していたところ、この後に訪れた京都のsou souでコラボ商品を見つけ一安心しました。sou souの目のつけどころに感服です。有松絞りは絶対になくしてはいけない伝統文化だと思います。

詳しくはこちらをShibori

http://arimatsunarumishibori.jp/

あれ?マンホールまで絞り風だ。

(2020製陶所 原村俊之)

|

« 2020ストラップ | トップページ | 寄り道話 京都の巻 »

ウツワニストの日記」カテゴリの記事