« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

弥生

Snow229

早いもので明日から3月。四年に一度のうるう日は雪模様。家の松の枝が雪の重みでだいぶ垂れ下がってきているけれども、大丈夫だろうか。東京事変が今日、武道館で解散するけど、この空模様の下での舞台はなんか伝説になりそう。

さて、3月の予定です。

3/3(土) 「にじいろ市」 (十条 Gallery&Cafe FINDにて)

3/11(日) 「品川てづくり市」 (品川神社にて)

3/14(水)~20(火) 「ISETAN×Creema TOKYO HANDMADE MARKET」 (伊勢丹新宿店にて)

3/18(日) 「鬼子母神手創り市」 (雑司ヶ谷鬼子母神にて)

3/16(金)~31(土) 「Sakka vol.14」 (代官山 アッサンブラージュにて)

Chasaji

写真は最近のお気に入り、漆の茶さじ。先月、エキュート品川のイベントで一緒だった中野下漆器店さんのものです。皮に漆を塗る漆皮という技法で作られていて、この絶妙な曲線が茶葉をすくい易くしています。そして朱の色もとても上品。

作者の綿引さんの、作品ひとつひとつに対する思い入れは(漆は一つの作品を仕上げるのに長い時間を掛けるということを差し引いても)とても大きく、お話していてこの情熱は見習わなければと痛感しました。

(2020製陶所 原村俊之)

|

2012年2月18日 (土)

明日は雑司ヶ谷へ!

Maedatei

明日 2/19(日)は 「鬼子母神手創り市」 に出展いたします。

お天気が良さそうなので、お散歩がてらお越しください。

写真は先日、日本民藝館と旧柳宗悦邸を訪れた(その話はまた後日…)あとに立ち寄った駒場公園内の旧前田侯爵邸のステンドグラス。繊細に移り変わる橙色の美しいリズムに見惚れてしまいました。

チューダー様式と王朝的装飾趣味は、柳宗悦邸とは真逆の世界観ですが、どちらも主人ありし日の姿を想像すると、なにやら脳の奥がぞくっと湧きたちます。

(2020製陶所 原村佳恵)

|

2012年2月 3日 (金)

季節の分け目

Onitora

節分の翌日、ご近所の家の前に豆が落ちているのを見ると温かい気持ちになります。特に老夫婦だけでお住まいのお家の前などで見つけると。

鬼は外!を恥じらいとともに小声で言うようになったのはいつからか。

みんなではこう!鬼のパンツ の歌詞を脳裏に浮かべながら、そんな思いを胸に、今年も豆まきをしました。

風邪が流行っているようですね。鬼のパンツほど強くはなくとも、皆様暖かい格好でお過ごしください。暦どおり、明日から春めいた陽気になっていくことを願いたいものです。

目白押しの今後の出展予定はこちら

(写真は我が家で見つけた鬼と虎。ムーミンの飛行おにと虎軟膏)

(2020製陶所 原村佳恵)

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »