« おひなさま | トップページ | 神さまも楽しい坂 »

2012年3月 7日 (水)

にまる美術館 アートシーン

Moa_mingei

最近訪れた美術展について。

まずは。尾形光琳の「紅白梅図屏風展」。旅がてら訪れた熱海のMOA美術館で観てきました。どぅどぅと音がするような川のうねり、金と酸化銀の対比。琳派の作品は華やかで斬新な構図・配置なのになぜこんなに品があるのでしょう。

今年の梅は開花が遅れているようですが、屏風の中では咲き始めていました。

お次は日本民藝館の「スリップウェアと西洋工芸」展。化粧土(slip)を用いて模様を描いた焼き物や工芸品の数々。よい展示でした。民藝館はいつ行ってもいいですね。ゆらぎのある色・形。中でも、デルフトのつやっとした白地の作品群が特に好きでした。

なお、MOAの紅白梅図屏風の展示は終わり、これまた私の大好きな「岩佐又兵衛展」(江戸初期の妖しく激しい奇才絵師)が始まっています。

日本民藝館の「スリップウェアと西洋工芸」は3/25(日)まで。ぜひ。

我々の出展はこちら↓

3/11(日) 「品川てづくり市FINAL」 (品川神社にて。今回が最後の開催です)

3/14(水)~20(火) 「ISETAN×Creema TOKYO HANDMADE MARKET」 (伊勢丹新宿店にて)

3/18(日) 「鬼子母神手創り市」 (雑司ヶ谷鬼子母神にて)

3/16(金)~31(土) 「Sakka vol.14」 (代官山 アッサンブラージュにて)

(2020製陶所 原村佳恵)

|

« おひなさま | トップページ | 神さまも楽しい坂 »

エツケニストの日記」カテゴリの記事