« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月24日 (土)

小春日和

Ichonoha

すっかり黄葉したイチョウの木の下
ひらひら落ちる葉っぱの合間を
黄色いチョウが舞っていた。

まるで葉っぱが飛び立ったみたいに。

小春日和の今日。

(2020製陶所 原村佳恵)

|

2012年11月19日 (月)

日本の車窓から その2

Fujisan

笠雲がみるみる動いて顔をだした富士山。
(2020製陶所 原村佳恵)

|

2012年11月17日 (土)

日本の車窓から その1

遠征の出展で楽しいことの一つは、各地で車窓を流れる風景を眺めること。運転手さんには申し訳ありませんが。10月・11月に出会った景色。その1。

Taiyo

ふいに、にょきりと顔を出した大きな太陽の塔。あ、党名ではありません。

11/18(日)は 手創り市 雑司ヶ谷(雑司ヶ谷 鬼子母神にて)に出展します。

(2020製陶所 原村佳恵)

|

2012年11月15日 (木)

himaar coffee & crafts訪問記

先月末、山口出展の際に再会した革作家のhimaarさん。
出展前後には、ご夫婦が岩国で6月にOPENされたショップ、himaar coffee & craftsを訪問させていただきました。

Himaar

これが噂の通称ロバビル!角地にある3階建の大きなビルヂングです。念願かなってついに来られた。

Himaarin_2
中に足を踏み入れると、ゆったりとした空間に作家もののアイテムや文具がセンス良く並んでいます。2020製陶所の器も扱っていただいておりますよ。いつもより輝いて見えるような。
Himaarkissa奥のコーナーは喫茶部になっており、制作部長の作ったそれはそれは美味しいお菓子を、優しい笑顔の宣伝部長(ショップでは店長?)がコーヒーとともに提供してくださいます。
さりげなく置かれた本棚にはお二人のセレクトした本がずらりと並んだミニ図書館が。私の好きな本や読んでみたい本が沢山。これは長居したくなる。
ある映画のカフェの雰囲気にも似た空間。考えられた配置と心地よい温かさ。
隣に引っ越したいと本気で思ってしまいます。
中国地方に行ったら必ずお立ち寄りください。
滞在中は、出展の疲れもあるのに夜中まで真面目な話や間抜けな話?が尽きずに楽しい時を過ごしました。
私の憧れのお兄さん、お姉さん。あんな風に生きてみたいな。

次の出展は
11/18(日)手創り市 雑司ヶ谷(雑司ヶ谷 鬼子母神にて)
(2020製陶所 原村佳恵)
 

|

2012年11月10日 (土)

くらしのこと市

Kurakoto
11月11日(日)は くらしのこと市 に出展いたします。
くらしのこと市とは
静岡市足久保にある木藝舎・SATOにて行われるARTS&CRAFT静岡主催のうつわを中心とした市。
日々の食卓を彩るうつわのつくり手が集い、使い手と繋がることで、今よりも少しだけ良い毎日が交差する。
うつわのつくり手を中心に、暮らしを彩る道具、素材にこだわった食品を提供するお店も参加を致します。
気取るのでもなく、人に見せるためでもなく、
本当に自分にしっくりとくるものを選んで、それとともに過ごすこと。
日々の「くらしのこと」を一番大切にするのが、
心にとって、なによりの豊かさではないかと思います。
そんな暮らしの中に「くらしのこと市」という場を介して、
私たちの器が溶け込んでいければ。
そんな思いで参加させていただきます。
わざわざ、でも、ぜひお出かけください。
さてさて、近頃なんだか時に追われてしまって、予告していたhimaar coffee & crafts訪問記がいまだ書けておらず。どうか来週をお楽しみに!

(2020製陶所 原村佳恵)

|

2012年11月 1日 (木)

旅を終えて

Halloween_2先週末の山口アーツ&クラフツ、芝生の広がる公園で、たくさんの方に出会うことができ、また懐かしい再会もあってとても充実した二日間でした。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

岩国にあるhimaarさんのお店にもお伺いすることができて、それはそれはよい旅になりました。

そのお話しはまた次回。

今日から早くも11月。お部屋の飾りも片付けなくては。

次の出展は

11/11(日) くらしのこと市 (静岡 木藝舎・SATOにて)

(2020製陶所 原村佳恵)

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »